読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

Unreal Fest West'17で登壇しました

去る2017年、4月15日に毎年2回のイベントであるアンリアルフェスの関西版である、Unreal Fest West'17が開催されました。今回から始めて大阪から関西に移り、場所は梅田のグランフロントから京都の京都コンピューター学院に。

unrealevent.jp


今回もEpic Gamesさんから登壇を依頼されたので、喋ってきました。

www.slideshare.net


今回のテーマは"ハイエンドモバイル"です。

リネージュ2 レボリューションの大ヒットにより、ハイクオリティなモバイルタイトルがより目立ち始めました。これからのモバイルゲームではより高いクオリティを求められることは間違いないはず。そのための指標となる情報を色々と公開したつもりです。

ひとつだけ先に言っておきたいのが、今回の内容では最適化と呼びながらグラフィッククオリティを落とす方向にシフトしていますが、これはあくまでもPC→モバイルへの移植となるので、多少なりともグラフィックス負荷を落とす必要が必ずでてくるからです。

ですが、本来モバイル専用タイトルで開発した場合にはどの見た目を優先するかの取捨選択が重要となってきます。キャラクターを見せたいのであれば、キャラクターに負荷が高いハイクオリティな表現を使うべきですし、背景で見せたい、エフェクトで見せたいという場合にはそれぞれグラフィックス表現を維持したまま負荷を下げるべきだと思います。その辺りについては実際に開発を行いながら日々パフォーマンスの検証やアートチームとの相談ができるようになるのが理想かと思います。


改めてこのスライドを公開することで日本でもUE4を使ったハイクオリティなモバイルタイトルが出てくることを願っています。