読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

UE4 DerviedDataCacheについて

UE Tips

UE4を使っているといつのまにか大量のディスク容量を消耗していることがあります。
これはHDDやSSD内に保存している"DerviedDataCache"というデータキャッシュが蓄積されているからです。

このデータキャッシュは初回アセットロード時に、次回以降にその読み込みを高速化するための仕組みです。シェーダーコンパイルが初回ロード時にのみコンパイルされ、それ以降はマテリアルを変更しない限りコンパイルされないのもこれのおかげです。

ただし、このデータキャッシュは基本的に消す仕組みがなく、放置していると貯まっていく一方です。

f:id:alwei:20160407192654p:plain

気付かないうちにこれだけのキャッシュを使っていることもよくあります。注意しないとあっという間にディスク容量を圧迫するので、定期的に削除していくことをおすすめします。フォルダーの場所はWindowsのデフォルトの場合は以下にあります。

C:\Users\UserName\AppData\Local\UnrealEngine\Common

"UserName"の部分だけ自分の使用しているユーザー名に置き換えてください。
またエンジン用のコンテンツはその"Common"フォルダーよりひとつ上の階層にそれぞれ"DerviedDataCache"があり、こちらを削除するとエンジンコンテンツでも再度起動した再にシェーダーコンパイルが走ります。

ノートパソコンやSSDのみでUE4を利用している方はこれを定期的に削除した方が効率的にディスク容量を使うことができますので、よく覚えておくといいでしょう。