読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

UE4 ブループリントで構造体の値を楽に渡す方法

UE Tips

ブループリントを使って構造体を扱う場合に値を弄ってから別のノードへと値を渡す際に、一度 Break してから Make をするという手順を踏む必要がありました。

これはノードを別に作らないといけなくて結構面倒ですし、ノードも無駄に増えてしまいます。そういう時に使えるテクニックがあります。

まずはこういう構造を引数にするノードを作ります。今回の場合は New Location が構造体にあたります。

f:id:alwei:20141204230631j:plain

 次にそのノードの中の構造体の値の部分で右クリックをします。

今回はVectorの構造体である New Locationの上で右クリックします。

f:id:alwei:20141204230747j:plain

ここで"ピンのアクション"という部分に"構造体ピンを分割します"という選択がありますので、これを選択します。

f:id:alwei:20141204230842j:plain

すると、構造体の中の値が分割されてVectorの値が3つのfloatの値のピンへと変わりました。これでもう通常のfloatピンとして扱うことができるようになります。

そしてもちろんこれは引数だけでなく、戻り値側のピンにも同様のことができます。

f:id:alwei:20141204231024j:plain

という具合に。

地味なテクニックではありますが、MakeとBreakを使わなくて良いので、ノードの数も減り、なかなか使い勝手が良いのでぜひ覚えておきましょう。