読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

UE4 ブループリントのノードを繋いだまま無効化する

UE4.11からの新機能でブループリントのノード単体を無効化する機能が実験的に追加されました。とても有用な機能にも関わらず、リリースノートにもそれらしい記述を見つけられなかったので、本当にこっそりと追加されたことになります。

これは標準では有効化されていません。
"エディタの環境設定"→"ブループリントエディタ"→"Experimental"内にある"Allow Explicit Impure Node Disabling"のチェックをオンにします。

f:id:alwei:20160409091223p:plain

これで有効化されることになります。

ノードの無効化

ノードを無効化するにはノード上で右クリックし、"無効(コンパイルしないで)"を選択します。

f:id:alwei:20160409091717p:plain

これでノードを無効化することができます。

f:id:alwei:20160409091802p:plain

プレイすると、有効になっているノードのみが実行されていることがわかります。

f:id:alwei:20160409091855p:plain

更に有効な機能として、開発時のみ有効となる、"デベロップメントオンリー"オプションもありました。

f:id:alwei:20160409092105p:plain

これはかなり強力な機能です。"Print String"ノードなどは既にシッピングバージョンでは無効化されるようになっていましたが、この機能を使うことによって自由に開発時のみ有効化することができます。覚えておいて損のない機能でしょう。

現状では実験的機能

まだこの機能は実験的な機能として実装されていますが、これはとても有用な機能ですので、特に大きな問題がなければどんどん使っていきましょう。早ければ4.12では標準機能になるかもしれません。