読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

UE4 レベル上で使用中か未使用かアセットを見分ける方法

UE Tips

UE4では最終的にパッケージ化した際、ひとつにパックファイルに全てのアセットがまとめられます。正確にはパックしないことも可能ですが、原則としてゲームを配布する際にはパッケージ化しておくことが求められています。

そしてパッケージファイルの中には実際にはゲーム中には使用されていないアセットも含まれてしまいます。こうなるとそのアセットは含まれているだけで無駄なものとなってしまいます。

こういった場合の対策として役立つ方法がありますので、紹介します。

ちなみにこの機能がどのバージョンから入ったかは把握していませんが、UE4.5から使用可能です。

 コンテンツブラウザー内にあるアセットフィルター

コンテンツブラウザーにはとても便利な機能として、アセットフィルターというものがあります。アセットフィルターはアセットごとに特定の条件を追加してフォルダー内をフィルタリングしてくれる機能です。

f:id:alwei:20141028151558j:plain

例えば、Gameフォルダー以下にある全てのテクスチャーの絞りこみ。

f:id:alwei:20141028151742j:plain

条件としてテクスチャーにチェック。

f:id:alwei:20141028151830j:plain

するとテクスチャーのアセットだけが表示されます。

フィルターには他のアセットを追加して選択することもできます。

これだけでも相当便利です。

レベルで使用中のものだけをフィルタリング

フィルターの中にはその他のフィルターという項目があり、この中には"レベルで使用中"というフィルターがあります。

f:id:alwei:20141028152253j:plain

これを使用すると…

f:id:alwei:20141028152403j:plain

全ての種類のアセットの中から現在動いているレベル内で使用されているアセットを自動的にフィルタリングしてくれます。

ただし、欠点としてあくまでも現在動いているレベル内で使用されているアセットのみになります。つまり別レベルで使用されているアセットなどは検出できませんので、ご注意を。

使用済みか未使用かを整理する

最終的にパッケージングしてリリースする際に、全てのレベルを辿って、使用中のものだけをまとめて移動させて、残ったアセットは一旦プロジェクトから外して、パッケージしてしまうという手があります。これで最終的なパッケージには必要なアセットだけを含むということが可能になります。

が、どこまで完全なものかはわかりませんので、使用する際はバックアップをとっておくなど十分に注意しておいてください。