読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

UE4 エディターのプレイ実行時の結果を保存する

UE4エディターでプレイボタンを押して実行してから、F8キーなどで一旦PIE(プレイ イン エディター)を脱出し、ゲームが動いている状態でアクターを直接動かす事が出来ます。

が、この状態で動かしたものはPIE終了時と共に全て元に戻ってしまいます。しかし実はそれを戻さない方法があります。

f:id:alwei:20150415101243j:plain

このような空中に浮いている床アクターがあるとして…

PIE実行時にアクターが操作できるようになった時にアクターを移動するなりしてから、キーボードの『K』キーを押してください。

これで動いたアクターだけが保存されて、レベルの中に反映されます。そのまま再度PIEへと入れば当然保存されたアクターが登場してくれます。

レベルに反映されていますが、この時はまだレベル自体は保存されていないので、最終的に保存をするのを忘れないでください。以下は実際に保存した時のデモです。

レベルデザイン時やゲームプレイ時に修正を行なう時にはとても便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください。