読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's Enjoy Unreal Engine

Unreal Engineを使って遊んでみましょう

宣伝 Unity5 3Dゲーム開発講座という本に著者として参加しました

その他

タイトルの通り、始めて著者として本の出版に関わりました。

以下の本です。

Unity5 3Dゲーム開発講座 ユニティちゃんで作る本格アクションゲーム (Smart Game Developer)

Unity5 3Dゲーム開発講座 ユニティちゃんで作る本格アクションゲーム (Smart Game Developer)

 

なぜUnityの本をUnreal Engineを普段使っている私が書いているのか不思議に思っている人も多いと思います。去年の夏頃、たまたま夜子ままさんという方に普段からゲーム制作をしている方々と一緒に会う事となり、『ユニティちゃんを使った本を今度出そうと思うんです。良ければ参加してみませんか?』という話になり、『Unreal Engineを使ってユニティちゃんを扱ってみるの面白そうですよね』という事でその場のノリで決定。

もちろん、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンやエピック・ゲームズ・ジャパンの方にも話は通しており、双方からOKをいただいております。そこからあくまでもオマケとしてUnreal Engine 4を扱った章を設けさせていただきました。快く、むしろ歓迎をしてくれた2社の方々には感謝しております、改めてありがとうございました。

 

今回参加している方々を少しだけ紹介すると、

Unityクリエイターズというコミュニティの管理人をしているまつだすさん、

仕事でゲーム開発をしながら個人でもコンテンツを作っておられるBATAさん、

自称IQ140のインディーゲーム開発者で何でも屋のMaruchuさん、

誰とは言えないけど様々なゲームジャムに顔を出す、うにたじゃむおさん、

Microsoft C# MVPと.NETのMVPでゲーム開発者の森理 麟さん、

関西ゲーム制作部の部長でうさぎ大好きな栗坂こなべさん、

そして関西UE4コミュニティにいつもいる私の7人での共著となりました。

 

関西を中心に活動するゲーム制作者の方々が一同に集ったとても豪華な執筆陣です。大人数故に色々と大変でしたが、翔泳社の編集さんが頑張ってくれました。本当にありがとうございます。

肝心の内容はUnity 5に対応した内容となっていますが、2015/2/16現在Unity 5はまだ正式リリースされておらず、あくまでもUnity 5のβ19を扱いつつも基本的にはUnity 4でも通用するような内容で書かれています。

Unity 5方式というものはまだ確立されていないので、Unity 5だからこそのやり方を学びたいという人には物足りないと思いますが、実に様々なジャンルのゲームの作り方が書かれており、しかもユニティちゃんという可愛いキャラクターを扱いながらモチベーション高く学べる内容となっています。

今まであまりゲームを作ったことがなく、しかしなかなかモチベーションが出せず、楽しく作れないよ~という方に一番向いていると思います。ガチンコプロ向けとは言いませんが、本当に楽しく学べる内容にはなっていると思います。

Amazonでは2/18発売となっていますが、実際には2/17から書店に並ぶと聞いておりますので、ぜひぜひ良ければお手にとってみてください。